会社設立から創業融資のサポートまで!顧問契約不要!初めてでも簡単!名古屋の行政書士 青空法務事務所 

証明書類

印鑑証明書の交付

住民の多い地域では、印鑑登録証というカードを発行し、それによって印鑑証明書の交付を行っています。
印鑑証明書の交付を希望する場合は、このカードを区役所や市町村役場に持参し申請すれば、交付してもらえます。
このカードさえ持っていけば、代理人であっても交付してもらう事が可能です。
ただし、登録者の氏名や住所などを申請用紙に記入する必要があるので、それらの情報を知っていなければ申請する事は出来ません。
そのため、代理人による印鑑証明書の交付には委任状は必要ないという事になります。
最近では役所の前に自動交付機などと呼ばれる機械が置いてあり、その機械にカードを入れて暗証番号を入力すると印鑑証明書を受け取れる、というところもあるそうです。

印鑑証明の有効期限】

印鑑証明に有効期限は存在するのでしょうか、多くの方が抱いている疑問です。
基本的には無期限であり、有効期限はありません。
ただし、必ずしもというわけではありません。
契約書への捺印の際に「発行より3ヶ月以内の印鑑」「発行より6ヶ月以内の印鑑」などの有効期限の指定があるケースがあります。
印鑑証明の有効期限は、提出先に決定権があるということになります。
定款認証・登記の場合は、有効期限3カ月以内のものを用意しましょう。

戸籍謄本・住民票を取るには

〇戸籍謄本を取るには

戸籍簿がある本籍地の市区町村役場で、申請書を提出して手続きします。
本人が行く場合には認印だけ必要です。
代理人に取ってきてもらう場合は署名・捺印した委任状が必要です。

<郵送での請求も可能>
戸籍謄本、戸籍附票は郵送で請求することもできます。
本籍と氏名を便箋に書き、手数料を定額小為替で同封し、切手を貼った返信用の封筒とともに管轄の市町村役場宛郵送します。

〇住民票を取るには

住民登録してある市区町村役場に行き、住民票交付申請書を提出します。
本人が行く場合には認印だけ必要です。
代理人に取ってきてもらう場合は署名・捺印した委任状が必要です


お問い合わせはこちら

行政書士 青空法務事務所
代表者 行政書士 近藤 芳弘
所在地 〒465-0077 愛知県名古屋市名東区植園町1丁目55番地の1
TEL:052-783-5525
MAIL:info@kaisya-nagoya.com
営業時間 E-mail相談は24時間365日 TELは9時~18時まで 土日祝日休み
相談は土日可(要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab